読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プライベート・ソルジャー [DVD]

第二次世界大戦時、米軍が欧州戦域でもっとも苦戦したヒュルトゲンの森での戦いを、何が何でも生き延びたい主人公の一兵士の視点から描いた映画。

師団章から「血のバケツ」といわれた米歩兵第28師団の有名な戦いを取り上げた作品なんですが、米軍の描写がなんか妙で……。米軍の装甲車輛がいっさい出てこない、航空機も出てこない、そのくせドイツ戦車は妙に強力っていう……。出てこないなら出てこないなりの理由の説明があるかっていうと、無い。当時の米歩兵師団って、当時のドイツの装甲師団より戦車持ってたりするし、手に負えないドイツ戦車が出てくれば、晴れてるときはとりあえず航空支援を呼んだはずなのになあ……。妙に米軍が弱弱しく描かれていて、なんかこう、戦争の悲惨な面に焦点を当て過ぎた結果、全体のバランスがおかしくなっちゃった映画だと思いました。あと、主人公が小隊長に任命され仮昇進して以降、字幕では「中尉」と呼びかけられていますが、たぶん誤訳。戦場で呼びかけるときは「Lieutenant」としか言わないけれど実際は「Second Lieutenant=少尉」のはずです。中尉(=First Lieutenant)も呼びかけだと一緒なんだよね。

あとパッケージだけ見ると『魔王』思い出しますけど、話としては逆クリストフォロス。

かもめ食堂 [DVD]

かもめ食堂 [DVD]

プライベート・ソルジャー [DVD]

プライベート・ソルジャー [DVD]