読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Shape of Jazz to Come-NEW JAZZ 2006-うろうろ

ジョシュア・レッドマンとニコラ・コンテが素晴らしかった。どちらも満場のアンコール。そのせいか、メイン、サブ両ステージともに順調にタイムスケジュールが遅れ気味。ラストのquasimodeが終わるのは6時回るんじゃなかろうか。
どんなに客がアンコールの拍手をしていても、さっさとセットチェンジを始める横浜ジャズプロムナードのスタッフは偉いなあと、変なところで感心した。
3時を回った頃からダウンするお客さんが増えた。