読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近代化

日帝時代は暗鬱(あんうつ)な時代ではなく、資本主義が根を下ろし、すべてが新しく始められるダイナミックな時期だった」−韓国が「日帝時代」と称される日本支配から解放された記念日の15日、韓国の有力紙・東亜日報が最近の韓国の学者のこんな主張を紹介しながら、日本統治時代の歴史を多角的に見直す必要性を強調する論評を掲載した。
(略)
 論評は「歴史の真実はおそらく“収奪論”と“植民地近代化論”の間のどこかに位置するのだろうが、最近の(両者の)論争はわれわれが忘れたがっている歴史に対する関心を取り戻すのに意味がある」としている。


東亜日報、「日本統治時代、韓国は近代化」 多角的に見直す論評

奴隷貿易だって、少なくとも地元の首長は儲けたわけで、植民地側が収奪だけされて誰も幸せにならない植民地支配*1というのは何十年ももったりしないだろうと思う。ただここで、それ見たことか日本は善的!!123な反応をしちゃうのもアレで、じゃあ近代化というのは何ものにも増していいものかとかいう話になると、「押し付け憲法改正論」とか無効化されるしね。

ともあれ、実際にひどい目にあった記憶がある世代が少なくなってきて、色々切り離して、それぞれの局面ごと考えられるようになったということでもあるんだろう。日本側も「皇国は善!"#」とか「植民地支配は何であれ悪!"#」とか言わないですめばいいんだけれど。でも、例えば韓国の人が「日帝韓半島支配には到底受け入れられない苛烈なところと、後の韓半島発展の基礎になったところがある」みたいなもやもやした歴史認識を持ったとき、日本の翼の両極の人たちはそれを受け入れられないんではなかろうか、とか。

ともあれ、した方はされた方がどう感じたかということに介入することができないのはいじめとかと一緒なんだよな。あとは英霊とか虐殺された祖先の霊とかそういういまここにないものにこだわらないようになればお互いにとっていいことだと思うんだけどどうだろう。

*1:併合は植民地支配なのかという話はおいておくとして