読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リビア国革命指導者カダフィ閣下健在

仏、リビアに武器供与約束…カダフィ大佐の息子が仏紙に
リビアの最高指導者カダフィ大佐の息子サイフ・イスラムカダフィ氏(35)は2日付仏紙ル・モンドとの会見で、「フランスはリビア1億ユーロ(約165億円)相当の対戦車ミサイル供与を約束した」と述べた

リビア、フランスから対戦車ミサイル購入=契約額は274億円

リビアは2日、フランスとの間でミラン対戦車ミサイルを購入する契約に調印した。契約額は1億6800万ユーロ(約274億円)。

(略)

 契約は欧州のミサイルメーカー、MBDAとの間で行われた。MBDAは誘導兵器システムの世界トップメーカーで、英BAEシステムズ、欧州航空防衛最大手EADS、イタリアのフィンメカニカが共同で所有している。

 別のリビア当局者によれば、リビアはそのほか、EADSとの間でテトラ式無線通信システムの購入契約に調印した。契約額は1億2800万ユーロ(約208億円)。

総額がいくらなのかよくわかりません。ATM+通信システムで約3億ユーロってことでいいのか?しかもなんでATMなんだろうなあ。どうせ正面装備の売買するなら、ヘリコプターとか、装甲車とかのほうが使い出があるような気がするんだが。手始めにあんまり問題なさそうなの選んだのかなあ。あるいは、たんにサガーとかしかなくてATMが本当にほしい状況なのかもしれないけど。

あと時事の写真カダフィかっこよすぎ。どう見てもロックスター。ちょい悪どころではない。まあじっさい悪の枢軸くらい悪だったわけですが。