読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだこのよく分からないアピール

情報保全隊本部は、防衛相直轄の部隊としておかれ、主に秘密保護を担当。全国に5つの地方方面隊も作る。また、防衛相の下に事務次官を委員長とし、各幕僚長らをメンバーとするカウンターインテリジェンス(対諜報(ちょうほう))委員会も設置する。

防衛省 情報保全隊本部設置へ 漏洩防止、機能を強化

うんまあそれはいいんだ。問題は組織構成じゃなくて現場で防諜に当たるマンパワーなんじゃないかと思うけれどそれもいいんだ。でもよう

防衛省は28日、海上自衛隊イージス艦中枢情報流出事件を受け、防衛相の下に各自衛隊の統合部隊として、来年4月にも「情報保全隊本部」を設置する方針を固めた。同省で相次いでいる情報流出に米国が懸念を示していることを踏まえ、情報収集・保全体制を整える狙いで、8月に小池百合子防衛相が訪米してこの構想を米側に伝える。

なんだこの官僚の「ご説明」みたいなの(;´Д`)

普通に考えて、日本の防諜態勢が問題だから体制変えるわけでしょ?
なんだこのラプター売ってもらうためならなんでもしますみたいなのは。
それとも、ラプター関係ないレベルで日米同盟が揺らぐぐらい情報漏洩が問題になってるんだろうか。いやうーん。
なんかなあ、「米国の懸念」が防諜の最優先事項になっているとしたら、それはものすごくおかしい気がするぜ。

*追記
このエントリが軍事板常見問題&良レス回収機構にリンクいただいたようだ。リンクタイトルが「官僚に「アピール文」を作らせるとこうなる」とのことなので、官僚の「ご説明」の具体例のリンクを貼っておこうと思います。↓

「ご説明」-議員やマスコミを籠絡する官僚の手口(HAB Reserch & Brothers Report)
http://www.yorozubp.com/9802/980216.htm

大手マスコミじゃないとここまでしてくれないよー、とはチラと聞いた話。